のん記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
22
 



ハノンの膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)が、再発してしまいました。

膝蓋骨脱臼とは、ひざの皿が外れてしまう症状のことです。

6月になって以来、膝が外れることはなかったのですが、
昨夜から数回にわたって、膝が外れています。

脱臼しやすい体質というのは、
手術などをしない限りは、よくなることはありません。

でも、外れやすい膝を持ちながらも、
外すことなく生活している子もたくさんいます。

ハノンもこの4ヶ月はそうでした。

昨夜、ハノンは、床に座っていた私の太ももの上に乗ろうとして、
踏ん張った後ろ足が滑って、その拍子に膝を外してしまったようでした。

そんな、なにげない日常の動作で外すなんて・・・

外れた瞬間、ハノンは突然大きな声を出し、ドサッと倒れこんで、
外れた膝を伸ばし、自分で膝をはめていました。

床に敷いていた新しいラグが、少し滑りやすい素材だったので、
今日にでも元々使っていたラグに戻そうと思います。

一度外れると、外れやすくなるのか、
今朝になって、ごはんをおねだりしてウロウロしているときに一回、
水を飲んで、方向転換しようとしたときに一回、
他にも、外す瞬間は見ていないものの、
伸ばして膝を入れている動作を一回、見かけました。

外れても自分で伸ばして入れていて、
その後しばらくは少し足を引きずるものの、
普通に過ごしています。

病院に行っても、消炎鎮痛剤を処方してもらうしかできないので、
とりあえずはこのまま様子を見守ろうと思います。

ハノンは食欲も元気もあります。
でも、どんな動作で膝を外すかわからない状況なので、
見ている私は、心臓が締め付けられるような思いです。

もう大丈夫かな、と思っていただけに、とてもショックを受けています。

膝に負担のかからない環境を整える以外、
してあげられることがないのが、本当にもどかしいです。

かわれるものなら、今すぐにでもかわってあげたいです。



にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ

    10:52 | Trackback : 0 | Comment : 16 | Top
Comment
2009.10.22 Thu 11:23  |  しじめ #-
ハノンちゃん、心配ですね。。。
でも、自分で膝をはめることができるなんて、
えらい!痛いのに、えらい!!!

見てることしかできない辛さを思うと
こちらも心がしめつけられます。

どうか、おだいじに。
のんちゃん、そーっと、そーっと!。。。動くんだよ!
  URL  Edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます    Edit
2009.10.22 Thu 11:45  |  杏ママ #7qAmGr7U
ハノンちゃん、脱臼再発しちゃったのね。
ちょっとしたことではずれちゃうみたいで心配・・
痛いんだろうねえ。
ずっとノンちゃんにくっついて回るわけにもいかないし、行動を制限しすぎてもかわいそうだしねえ。
どうしてあげたらいいのかわからないっていうのが辛いですね。
  URL  Edit
2009.10.22 Thu 11:48  |  らいちっQ #-
ハノンちゃ~ん(T-T)
痛いの我慢して、自分で外れた膝を入れるなんて、
すごいです。
人間でもなかなかできませんよ。
うまく、膝と付き合っていくしかないのかな?
きおさん、心配でしょうが、気をおとさずに。
季節の変わり目だからかもしれません。

↓ 肉球ですが、我が家のネムたん、カサカサ系です。
季節によってしっとりする時もあるので、敏感肌なのかな?
テットンはゴワゴワ系。いつもゴワついていて、他の猫より
堅い肉球です。
コテツは、うるうるしっとり系。背中は油症だから、体質かも。
我が家でも、1ニャンずつ皮膚の状態違いますョ。

  URL  Edit
2009.10.22 Thu 11:58  |  akira #WCvf9IKg
実はいつもこっそり覗かせてもらっておりました。
ハノンちゃんとアリアちゃんをいつも楽しく拝見させて
いただいております。

ハノンちゃん大変ですね。
お気持ち、お察しいたします。
実はうちのも同じ膝蓋骨脱臼です。
家に来て6ヶ月ほど経ったある日、
ちょっと長めの留守番をしてもらっていて、
帰ってきたら足を引きずっていました。
見るたびに違う足を引きずっているように思えて、
酷く気になって病院に行ってみたら、
膝蓋骨脱臼と診断されました。後ろ足両方です。

年齢が9ヶ月だったことと、
なにより両足に症状がでてしまっているので、
うちの場合は酷いほうだった右足をとりあえず
手術してもらう事にしました。

ボクも代われるなら代わってやりたいと思いました。

両足という症状と、外れても痛がらない様子から、
恐らくずっと以前からだろうと言われ、
その場合は手術しても完治は難しいとも言われました。
その反面、片足が治ると反対の足も外れなくなった
例もあると言われました。

正直随分と悩みました。

ボクも両足でなければ手術はしなかったかもしれません。
獣医さんとよく話合い、何度も検査をし、
いろいろな人に励まされての結果です。

術後は痛々しい姿でしたが、リハビリも終わって
幸い今では元気に走っています。
手術していない方の足も外れなくなりました。
ただまだ左は治ったという訳ではないそうです。
気になって毎日膝を触って確認してしまいます。

ハノンちゃんは痛がるようですので、
見ている側は余計に辛いんじゃないかと思います。

ボクなんかに何か出来る訳ではありませんが、
気を落とさずに見守ってあげてください。
陰ながら応援しています。

長々とすいません。
はじめまして。  URL  Edit
2009.10.22 Thu 13:39  |  ベル #-
>外れた膝を伸ばし、自分で膝をはめていました。

これはすごぃなと思いました。
きっと自然な動きで自分で出来てるんでしょうけど
人間だったらきっと泣き叫んでオロオロしてるやろうな~なんて。
せめて痛みがなければまだ気持ちマシなのにとか思います。
辛い思いだけはさせたくないですよね。
きおさんは床を変えたりいろいろ工夫されてて本当すばらしいと思います。
それでも防げないのは致し方ないことですがそれもまた辛いですよね。
うちのチワワンコも同じ症状持ちですが今は落ち着いてます。
でもいつまた外れちゃうのかわからないんで心配は尽きません。
のんちゃん・・・応援しかできませんがずっと見守っています。
  URL  Edit
2009.10.22 Thu 14:53  |  emi #-
ここ数カ月大丈夫か心配ではありましたが
一度再発するとクセみたいになってしまうんですね。。
自分ではめる事が出来るなんてスゴイですよね
どうかあまり外れる事がなくなりますように。。
しばらくはよく見ていないと心配ですね
のんちゃんお大事にね!
  URL  Edit
2009.10.22 Thu 15:42  |  あっこ #-
のんちゃん~
ママさんも心配ですね…
しばらく聞かなかったから頻繁にはなくなったのかな???って思ってましたが…
寒い時期になりやすいんでしょうか…?
  URL  Edit
2009.10.22 Thu 15:52  |  やらいちょう #b5.M5V.g
う~ん、それは心配です。
人間もそうみたいですが、
あれは癖になるんですよね。
はずれても元に戻るとはいえ、
あまりいい事ではないですからね。
でも少しずつ学習して
はずれにくい動きを覚えていくんじゃないでしょうか?
いい方向に向かう事を祈ってます。
  URL  Edit
2009.10.22 Thu 17:23  |  おさむにぃ #h/1ZVhMA
自分で膝をはめるなんてスゴイですねー

脱臼が再発したのは心配ですが、滑りにくいラグに戻したりするのは正解だと思います^^

うちも床に滑りにくい柔らかいラグを敷いています。
高いところから平気でジャンプして飛び下りるので、着地するようなところは柔らかい素材のものにしています。
階段のところとか硬い床のところがあるので100%万全とは言えませんが、なるべく環境を整えるのは大切だと思います。
ちなみに、じゃらしでジャンプ遊びをするときもラグを敷いた床の上でするようにしています。

のんちゃんも、動き方を覚えていくと思いますし、食欲があって元気なようですから、ママさんも元気出してくださいね^^
  URL  Edit
きおさん、こんばんは。
うちのラズも、お皿が外れやすい体質だそうです。かかりつけ病院(猫専門病院です)で言われました。掻き壊しで初めて診てもらった時にそう言われ、私はそれまで聞いたことがなかったので驚きましたよ。
ハノンちゃんみたいに、外すと自分ではめるんですってね・・・
でも私は、その場面を見たことがないんですよ。観察力、足りないかな?
弟のリッキー(同じ両親です)は良い脚だと言われました。リッキーの方が運動神経が悪くて鈍くさいのに、鮮やかで軽やかな動きを見せるラズの方が、脱臼しやすいなんて・・・と信じられない思いでした。
ハノンちゃんも痛いだろうに頑張ってるなぁ。動物の力ってすごいですね。痛みに耐えて、自分で何とかしちゃうんですもんね。多分、はめちゃったら痛みは消えるんじゃないかしら。違うかな・・・?

きおさんもお家の中の環境を整えたり、できる限りのことをしてあげているのですから、きっとハノンちゃん、感謝してくれてると思います。元気出して下さいね!

  URL  Edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます    Edit
2009.10.22 Thu 22:35  |  sanaembow #-
きおさんのお気持ちお察しします。
変われるものなら代わってあげたい・・・動物の健気な姿を見ると本当にそう思います。でも代われない・・・その歯がゆさにご自分を責める事さえあるかもしれません。私もそうでした・・・
でもハノンちゃんはたくましく生きています。うちの前の子達もそうでした。きおさん、温かく見守ってらっしゃる!誰よりもハノンちゃんがそれをわかっていると思います。
これからもハノンちゃん、きおさん頑張れ!!
また訪問させて下さいね!
ハノンちゃん頑張ってるんですね  URL  Edit
2009.10.22 Thu 23:19  |  キキ #-
本当に代われるものなら代わりたいですよね。ハノンちゃん
自分で膝をはめちゃうなんて、健気です。これからあまり外れることがないようになるといいですね。寒くなるのでまったりする
時間の方が多くなるのでちょっとは安心ですね。
てるも毎日思いっきり走り込んで壁に激突したりするので、
足は大丈夫かと心配になってしまいます。
どうぞお大事にしてくださいね。
  URL  Edit
2009.10.23 Fri 06:32  |  なみち #uszzu23E
つらいですね。
代われるものなら・・・。(>_<)
のんちゃん、どうぞお大事に。
祈ってます。
のんちゃん!  URL  Edit
2009.10.23 Fri 10:57  |  きお #-
♪皆様へ
コメントありがとうございます!
やっぱり、アビに膝蓋骨脱臼は多いんだなぁと、改めて思いました。
アビの親戚猫のソマリにも多いようです。
猫種が持っている疾患なんでしょうね。
人の関節も、急に寒くなったり、季節の変わり目だったりで調子を崩すので、
ハノンも、季節的なことがあるのかもしれません。
6月に脱臼して以来、あまりしていなかったダッシュも、秋ごろから増えていたので、
そういうところでも負担をかけていたのかもしれません。
そればっかりは、自分でセーブしてもらうしかないのですが・・・
できる限り環境を整えてあげて、見守っていくしかないのかなと思います。
痛がる姿を見るのは精神的にかなりこたえますが、
一番大変なのはハノンなので、私がしっかりしなければと思います。
  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://hanon0215.blog17.fc2.com/tb.php/367-0b460900
プロフィール

きお

Author:きお
にゃんずに仕える召使

♪ハノン(のんちゃん)
アビシニアン・フォーン・♀
08年2月15日うまれ
食欲大魔神!

♪アリア(あーちゃん)
トンキニーズ・プラチナミンク・♀
09年3月3日うまれ
お笑い担当?

♪ソナタ(そなくん)
サイベリアン・ホワイト・♂
11年9月29日うまれ
ニューフェイス!

応援よろしくね!
かうんたぁ
最近の記事
みんなはいくつ?
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。